今すぐお金を借りたいのなら!大手消費者金融のススメ

すぐの融資を求めるなら、大手一択!

お金が必要になるときは、たとえば子どもが進学するときなど、事前に用意することのできるときばかりではありません。
急にお金が必要になるとき、それはたとえば、冠婚葬祭ではありがちなことです。更には、日常的にも、突然の飲み会の誘いや、とても欲しいものを見つけてしまったときなどにも、「もしもお金があったなら!」と思うことは、誰でも一度はあるのではないでしょうか。
そんな「今欲しい!」「すぐに欲しい!」に応えてくれるのは、やっぱり大手の消費者金融です。

 

頼れる大手消費者金融

・プロミス
・モビット
・アコム
以上、3社が特におすすめできる大手消費者金融になっています。
この3社の消費者金融は「即日融資」にバッチリ対応していますので、すぐのカードローン 審査をお求めの際には、この中から選んでみると良いかもしれません。

 

プロミスの即日融資対応について

・契約極度額:1万円〜500万円
・貸付利率:実質年率4.5%〜17.8%
・担保・保証人:不要
・貸付対象者:年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
以上のような条件で融資を受けることのできるプロミスでは、平日14時までにWEB契約を完了させることによって、申込日から融資を受けることができます。最短1時間を目安とした融資になります。

 

モビットの即日融資対応について

・契約極度額:1万円〜500万円
・貸付利率:実質年率4.8%〜18.0%
・担保・保証人:不要
・貸付対象者:満年齢20才〜65才の安定した収入のある方(当社基準を満たす方)
以上のような条件で融資を受けることのできるモビットでは、14:50までの振込手続完了が必要です。
急ぎの融資を希望の場合はインターネットからの申込後に、モビットのフリーダイヤル「0120−03−5000」まで電話をかけましょう。急ぎの旨を伝えることで、すぐに審査を開始してくれますので、最短での融資が可能になります。
※多め時間を見積もっていても、審査結果によっては、希望に沿えないこともありますので、ご注意ください。

 

アコムの即日融資対応について

・契約極度額:1万円〜500万円
・貸付利率:実質年率4.7%〜18.0%
・担保・保証人:不要
・貸付対象者:20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
以上のような条件で融資を受けることのできるアコムでは、「店頭窓口」、もしくは「むじんくん(無人契約機)」を利用すると、申し込みと契約が同時に行えるため、最短30分で借入が可能になります。
また、来店することが難しい場合には、電話申し込みによって、即日融資を希望することも、条件によっては可能になります。
そのほか、インターネットからの申し込みであっても、申込時間によっては、即日融資が可能となることもありますので、申込方法のアドバイスを受けるためにも、まずはアコムのフリーコール「0120−07−1000」まで問い合わせるのが良いでしょう。
※店舗やむじんくんの設置場所や営業時間につきましては、アコム公式ホームページよりご確認ください。

 

すぐの融資を求める場合に用意しておきたいもの

・本人確認書類(提出必須):運転免許証や健康保険証、またはパスポートなど
・収入証明書類(融資希望額により提出が必要):源泉徴収票や確定申告書、または給与明細書など
以上の書類は、どの消費者金融であっても、申し込みに必要な書類になります。
申し込みと同時に必要書類の用意をすることで、より即日融資を受けやすくなりますので、ご参考ください。
※書類例はあくまで一般的な例になります。どの書類が含まれるかにつきましては、各公式ホームページなどからご確認ください。
特に収入証明書類につきましては、最新のものや何ヶ月分のものが必要など有効とされる書類の条件がありますので、よくご確認くださいますようお願いいたします。

 

急ぎでも気をつけておきたいこと

とにかく急な入り用となりますと、冷静な判断を欠いてしまいやすいものです。そんな中で注意しなくてはいけないのが、悪徳金融会社の存在です。
こちらで紹介している大手消費者金融から選んだ場合には、まず問題はありません。ですが、世の中には「審査なしですぐに融資をします」・「収入のない方でも融資をします」といった甘言で契約者を誘い込む悪徳金融会社が存在しています。
もしも、あなたがお金を貸す側の立場であれば、どのような人間かも分からない方にお金を貸すことはできませんよね。そんなことをしてしまえば、返済を踏み倒される可能性だって高くなりますから、貸せないという方がほとんどでしょう。
冷静に考えれば、そのような甘すぎる話はありえないと分かることです。でも、焦りや不安のある方の心の隙に、悪徳金融会社はつけこんできます。
ですから、どんなに急いでいたとしても、その情報が間違っていないかどうかなどについては、きちんと確かめてから、申し込みを行うようにしましょう。

 

(2015、5、11 付け情報)

更新履歴